銀行系のキャッシングについて

借入を銀行系でのキャッシングで考えている場合、消費者金融で借りるのに比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。まず一番大きなメリットとして考えられるのは銀行系のキャッシングは総量規制の対象外であるということです。そもそも総量規制とはどのようなものかと言いますと、貸金業法で定められている規制のことで申し込み者は年収の3分の1までしか融資してもらえません。銀行系のキャッシングはこの規制の対象ではないので実際に融資してもらえる上限金額が年収の何割なのかという決まりは特にありません。年収に関係なく借入可能となっているのです。ではこれ以外に銀行系のキャッシングを利用するメリットとは何かあるでしょうか。それは専業主婦の方であっても条件を満たせばキャッシング可能であるということです。どういうことかと言いますと、実はこれも総量規制が関係しているのです。先ほどの年収による制限について触れましたが、実はそれだけではなく収入のない方も借りられないことになっているのです。専業主婦というのは収入がありませんから消費者金融では融資してもらえないのです。もちろん専業主婦の方であっても配偶者同意書等を提出すると借入が可能となる場合がありますが、それも配偶者に収入がある場合に限られます。このように銀行系のキャッシングは消費者金融のそれに比べて様々なメリットがあるのです。融資限度額や金利についても銀行系の方が優れている場合がよくあります。